プロフィール設定で便利に! 設定する

みんなの声

メニュー

ききたい

  • 総投票数422,340,666
  • 総アンケート数35,568
ききたい事を投稿しよう!

コラム

新語・流行語、使ってる? 2016年に注目された言葉たち

noAlt

今年を一気に振り返ってみると、「ゲス不倫」を撃ち放った「文春砲」で始まり、爆発的な人気となった「ポケモンGO」の登場、「都民ファースト」の都知事誕生、「リオ五輪」でのメダルラッシュ、映画「君の名は。」の予想外の大ヒット、さらに「カープ女子」の盛り上がりで「神ってる」広島カープが25年ぶりのリーグ優勝、東京五輪の「レガシー」をどうするか(←いまココ)…と、さまざまな出来事とともに、新しい言葉がたくさん生まれましたね。

■“五代ロス”、“塩系男子”などドラマにちなんだ言葉

まず、ドラマ好きの女子にとって思い出されるのは、“○○ロス”“塩系男子”という言葉でしょうか。今年の春まで放送されたNHK連続テレビ小説「あさが来た」の“五代ロス”は、ディーン・フジオカさん演じる五代友厚の病死による出演終了時のこと。Twitterでも話題を呼びました。その反響に、急遽ドラマのなかで後日、追想という形で追加シーンが設けられたそうです。もちろん、この“○○ロス”は、数年前から使われていていましたが、最近は、ドラマ全体について語られる傾向にあるようです。そういえば、現在高い視聴率を更新中のTBS火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、略して“逃げ恥”もいよいよ終盤。終了と同時に“逃げ恥ロス”というつぶやきを見掛けるようになるかもしれませんね。
また、“○○男子”という言葉も、近年よく用いられる言葉ですが、今年は“塩系男子(もしくは塩顔男子)”という言葉が注目されました。眼が切れ長でスッキリした顔だちのイケメンを指す言葉ですが、ドラマ「とと姉ちゃん」に出演した坂口健太郎さんや、映画『君の名は。』で声優を務めた神木隆之介さん、NTTドコモのCMキャラクターとしておなじみの綾野剛さんなど、2016年は、塩系男子の活躍が目立ちました。

■いくつわかる?若者言葉

またひと昔前なら、褒めるときには使われなかった漢字の“鬼”も、最近は当たり前のように使われています。これまで、“超”“激”“爆”なども自分の思いを最上級に強調したいときに使われる言葉として注目されましたが、最近の10代の若者は、「その服、鬼かわいい!」や「新曲、マジ鬼アツ!」のような使い方をするのが主流のよう。
こうした若者言葉は、30代以上の人にとっては難解なものも多いですが、例えば、「恋愛上手な男」を略して「愛上男」(あいうえお)、「風呂に入るから(会話から)離脱する」ときは「フロリダ」、「今しかない」は「ナウしか」など、言葉遊びのような新語には、その豊かな発想に感心させられるものもあります。

果たして2017年は、どのような新語や流行語が飛び出すのか、楽しみですね。

(文/コバヤシ@H14)

【参考】
※ 『現代用語の基礎知識2017』(自由国民社)
※ 「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン新語・流行語大賞 - 自由国民社 http://singo.jiyu.co.jp/

この記事に関するアンケートはこちら

【あわせて読みたい】


noAlt

投票結果

貴方が選ぶ今年の流行語は?

貴方がこれだ!と思う、今年の流行語は何ですか?

総投票数:7,070

アンケート集計期間:2016年11月25日 05:40〜2016年12月09日 05:40

1 カープ女子
2,172票
30%
2 PERFECT HUMAN
1,239票
17%
3 厳しい第三者の目
1,092票
15%
4 グラブる
1,014票
14%
5 KSK
989票
13%
6 水素水
564票
7%

このアンケート結果どう感じた?

  • ( 50 )
  • ( 39 )
  • ( 12 )
  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

新着受付中アンケート

コラム

コラムをもっと見る

ジャンル

ジャンルからアンケートを探そう!

みんなの声の公式SNSをフォローしよう!