プロフィール設定で便利に! 設定する

みんなの声

メニュー

ききたい

  • 総投票数419,812,055
  • 総アンケート数35,263
ききたい事を投稿しよう!

コラム

血液型で病気の発症リスクに違い!?

日本は全国的に見てもA型の分布数がかなり多く、35~40%程度はA型です。次いでO型が30%程度、B型は約20%、AB型は約10%となっています。分布の少ない血液型であるB型、AB型はめずらしく、ちょっと変わった人と見られやすいのかもしれません。

血液型と性格の関連性は認められていませんが、血液型と病気の関係は、特に免疫学者の間である程度指摘されています。アメリカ・ハーバード大学医学部などが、1970年から1980年にかけて、10万7000人を対象に追跡調査を行っており、血液型と病気の発症リスクはある程度の関連性があると見られています。2009年、アメリカ国立がん研究所も、A型、B型、AB型の人はすい臓がんのリスクが高いことを発表しています。


なぜ血液型によって、病気の発症リスクに差が出るのでしょう。その理由は、免疫力の違い。血液型によって、体内に外部から異物が侵入した際、その異物と戦うリンパ球の割合が異なり、その割合はO型が39%、B型が37%、A型が36%、AB型は34%となっています。わずかな差ですが、O型はもっとも病気に強いのです。

また、血液型によって、特定の病原菌に対して強い・弱いといった特徴があることもわかっており、血液型によってかかりやすい病気などもあります。血液型別の特徴には、以下のようなものがあります。

A型
・胃がんにかかりやすい
・血栓ができやすい

B型
・すい臓がん・脳梗塞の病気リスクが高い
・マラリアで重症化しやすい

O型
・胃潰瘍になりやすい
・十二指腸潰瘍になりやすい
・コレラにかかりやすい

AB型
・卵巣がんになりやすい
・すい臓がんになりやすい
・インフルエンザに感染しやすい

もちろん遺伝的な要素もありますが、血液型によって病気の発症リスクに差があるとは意外! 血液型は変えることができないから、気になる人は、正しい生活習慣と、定期的な検査を欠かさずに行いましょう。

投票結果

自分と相性が悪いと感じる血液型は

占いの定番といえば血液型診断。当たっているような、そうでもないような…。何とも言えない内容が書いてあることも多いけど、実際にはみんなどう感じている? 自分と合わないと感じる血液型は何型?

じつは、かつて血液型と性格の相関性を科学的に研究していた時代がありました。今から100年以上前の1901年から1910年にかけて現在のABO式血液型が発見された時のことです。日本ではメジャーな血液型ですが、統計学や心理学の研究では性格との関連性はない、といわれています。しかし、関係あるような気がするし、関係していてほしいな…と思うのが不思議ですよね。

総投票数:17,305

アンケート集計期間:2015年07月16日 06:00〜2015年07月30日 06:00

1 B型
6,656票
38%
2 AB型
4,478票
25%
3 A型
3,824票
22%
4 O型
2,347票
13%

このアンケート結果どう感じた?

  • ( 1997 )
  • ( 971 )
  • ( 426 )
  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

血液型にみんな一喜一憂?

新着受付中アンケート

コラム

コラムをもっと見る

ジャンル

ジャンルからアンケートを探そう!

みんなの声の公式SNSをフォローしよう!