新しいみんなの声の使い方
2018.06.13 22:30

吉高由里子、涙のクランクアップ「キャパを超えてしまって泣いている」<正義のセ>

【吉高由里子/モデルプレス=6月12日】女優の吉高由里子が主演を務める日本テレビ系ドラマ『正義のセ』(毎週水曜よる10時)がクランクアップを迎えた。

安田顕、吉高由里子(C)日本テレビ
安田顕、吉高由里子(C)日本テレビ
今作は、ベストセラー『聞く力 心をひらく35のヒント』の阿川佐和子氏が書いたシリーズ小説『正義のセ』をドラマ化。まっすぐすぎてつい「頑張れ!」と応援したくなるヒロインによる痛快ストーリー。

そしてこの度、新米検事・竹村凜々子を演じた吉高と、バディ役の検察事務官・相原勉役の安田顕がクランクアップ。吉高、安田のクランクアップとなったのは、二人が殺人事件の聞き込み捜査を進める海辺の街でのロケシーン。最後のカットを終え、「吉高さん、安田さん、オールアップです!」とスタッフから声がかかると、大きな拍手が湧き上がり、花束が吉高から安田へ、南雲監督から吉高へと手渡された。

安田顕、吉高由里子(C)日本テレビ
安田顕、吉高由里子(C)日本テレビ
3か月に渡る濃密な撮影現場を過ごしクランクアップを迎えた気持ちを吉高は「ホッとしたのか、寂しいのか、たぶん両方なんですけど、この作品への想いが自分の中でずっと蓄積されていて、キャパを超えてしまって泣いている気がします」と涙ながらに語った。(modelpress編集部)

■吉高由里子コメント

安田顕、吉高由里子(C)日本テレビ
安田顕、吉高由里子(C)日本テレビ
ホッとしたのか、寂しいのか、たぶん両方なんですけど、この作品への想いがずっと蓄積されていて、キャパを超えてしまって泣いている気がします。

隣にいらっしゃる安田さんには、小さな声と大きな心でたくさん支えてもらいました。

撮影の間、とにかくむき出しに取り組んできました。それを温かく見守ってくださったキャストのみなさん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

やっぱり撮影現場が好きだなーと、現場に恋した3か月間でした。

■安田顕コメント

本当に忘れられない3か月になりました。

こんな40代のおっさんに主演の方のバディ役を演じる機会を頂いて、とても光栄でした。

主演の吉高さんからは人として大事なことを、たくさん教わった気がします。出会いに感謝したいと思います。ありがとうございました!

■最終話あらすじ

凜々子(吉高由里子)は、衆議院議員・中条良成(宅麻伸)の長男・秀成(落合モトキ)が犯した殺人事件を担当することになった。秀成は、被害者の入江(佐藤祐基)にからまれて、身を守るために反撃したら殺してしまったと主張し、それを裏付ける目撃者も現れる。また、入江が過去に傷害事件を起こしていたことも発覚し、事件は秀成による正当防衛かと思われた。だが、凜々子と相原(安田顕)が捜査を進めると、被害者・入江の意外な素顔が明らかになる。入江の働いていた料亭の店主は、「真面目な青年だった」と言い、恋人・笑子(岡本玲)も、「穏やかで人に暴力を振るう人間ではない」と訴える。凜々子は、この事件には、表面上だけでは見えない真実が隠されていると感じる。

そんな中、秀成の父・中条議員が秀成の釈放を求め、港南支部に姿を現す。毅然とした態度で拒絶する支部長・梅宮(寺脇康文)。だが中条は、検察上層部への圧力をほのめかし、さらにはマスコミを動かし、世論を検察批判の流れに持っていこうとしていた。

秀成の起訴判断を誤れば、検察庁全体が危機に陥ってしまうかもしれない……いまだかつてない重圧の中、凜々子は事件の真相を追う――

【Not Sponsored 記事】
あわせて読みたい
【結果発表!】 親の七光りを感じない二世タレントは? 、ほか(8/17)詳細を見る
【人気記事】中尾明慶、妻・仲里依紗に「どっか行けよ…」 (8/17)詳細を見る
【人気アンケート】 不倫体質女子のあるある、Best1は、ほか(8/17)詳細を見る
有吉弘行、みちょぱを心配詳細を見る