新しいみんなの声の使い方
2017.10.19 22:30

吉高由里子、“全米住みたい街No.1”のポートランドへ 「一番印象的な場所」明かす

【吉高由里子/女子旅プレス】女優の吉高由里子が雑誌「InRed」11月号(宝島社)誌面に登場。アメリカ北西部にある“全米住みたい街No.1”に何度も選出されたことのある街、ポートランドを旅した。

吉高由里子、“全米住みたい街No.1”のポートランドへ 「一番印象的な場所」明かす(画像提供:宝島社)
吉高由里子、“全米住みたい街No.1”のポートランドへ 「一番印象的な場所」明かす(画像提供:宝島社)
◆ポートランドの「一番印象的な場所」明かす

誌面では、個性派ショップが連なり、ポートランドらしいリベラルな雰囲気のアルバータ通り、地産地消の食文化が根付く現地のレストランやマーケット、サードウェーブ発祥の地であるポートランドのカフェなどを紹介。

あまり事前に情報収集をせず、海外でも気ままな街歩きを好み、時には「7時間くらいずっと歩き続けたこともある」という、吉高らしい旅の模様が切り取られている。

中でも「今回一番印象的な場所でした」と語る「ケネディスクール」は、90年代の廃校をリノベーションし、ホテル、レストラン、映画館、バーなどが入居する複合施設。異国情緒溢れるランプが照らすレストラン、廊下に飾られた地元アーティストの絵画など、さりげなくアートが散りばめられた施設のバックグラウンドにちなみ、「今度は小学校の友達と泊まってみたい(笑)」とコメントしている。(女子旅プレス/modelpress編集部)
「InRed」11月号(宝島社、2017年10月7日発売)(画像提供:宝島社)
「InRed」11月号(宝島社、2017年10月7日発売)(画像提供:宝島社)
情報:宝島社

【Not Sponsored 記事】
あわせて読みたい
ぺこ&りゅうちぇる、ハネムーンへ 行き先は?詳細を見る
「テラハ」島袋聖南と破局の伊東大輝、謝罪詳細を見る
乃木坂46新内眞衣、上白石萌歌主演「続・時をかける少女」出演決定 全キャストが発表詳細を見る
永井大、第1子誕生後初の父親役 実体験を“リアル”に表現<マチ工場のオンナ>詳細を見る