新しいみんなの声の使い方
2018.06.23 11:00

アツアツの串揚げを片手に、冷えたビールで乾杯!

串揚げ専門店「串揚げとワイン はち」
串揚げ専門店「串揚げとワイン はち」

暦では初夏なのに、日差しはすっかり真夏のよう! いよいよビールのおいしい季節ですね。冷えたグラスを片手に、アツアツの「串揚げ」を頬張れば、一日の疲れが吹き飛びそうです。そこで、アンケートサイト「みんなの声」では、串揚げのなかで一番好きな野菜ダネについて聞いてみました。

■アンケート「串揚げによく使われる野菜の中で好きなものは、アスパラガス・プチトマト・椎茸のどれ?」(総投票数 3,099票)

1位:【アスパラガス】1796票(58%)
2位:【椎茸】1099票(35%)
3位:【プチトマト】204票(7%)

お肉のイメージが強い串揚げですが、さすがは揚げもの、ふところが深い。多彩な食材と相性抜群です。そのなかでダントツの1位に輝いたのは、茹でても焼いてもおいしい「アスパラガス」。フライにすることでみずみずしさが衣に閉じ込められ、もう一本! とリピートしてしまいたくなるおいしさです。

続いて2位にランクインしたのは「椎茸」。口の中でじんわりと広がるうまみがたまりませんね。

串揚げの箸休めは、やはり串揚げ? 甘酸っぱさが際立つ「プチトマト」が3位に選ばれました。

写真:AC 大阪発祥の「串カツ」。ソースを共有で使うため「二度付け禁止」が原則
写真:AC 大阪発祥の「串カツ」。ソースを共有で使うため「二度付け禁止」が原則


■串カツと串揚げの違いはソースの数?

ところで、大阪発祥の「串カツ」と、関東を中心によく見かける「串揚げ」の違いはどこにあるのでしょうか。そこで、サラリーマンの聖地ともいわれるディープな飲み屋街・野毛エリアにあって女性に人気の串揚げ専門店「串揚げとワイン はち」に行ってみました!

「串揚げの原点は、やはり粉もの文化で育った串カツです。でも串カツのソースは1種類ですが、串揚げは複数のソースで楽しむことが多いですね。さらに、ひとつの素材を単純に衣で揚げるのではなく、創作性があるのも串揚げならでは」と話すのは、同店オーナーの林亨さん。

創作の串揚げは東京の銀座で育まれ、「内容おまかせの15本と飲み物のコースで、一人8000円~3万円」というお店も珍しくないとか。そんな創作串揚げをもっと安価に楽しんでもらいたいと、3年前に同店をオープンされたそうです。

串揚げ専門店「串揚げとワイン はち」自慢の創作串揚げ
串揚げ専門店「串揚げとワイン はち」自慢の創作串揚げ


■スープ入り、いくらのトッピング、わらび餅まで!

はちの串揚げは、まさに力作ぞろい。オニオンスープに入ったグラタン串「オニオングラタンスープ」をはじめ、甘辛く煮たごぼうに湯葉を巻いた「湯葉ごぼう」、「茄子の肉味噌田楽」「もち明太子」「スモークサーモンとアボカド」「いくらサーモン」など手仕込みの創作串がずらり。

自家製ソースは、ヒマラヤ岩塩、バジル、特製ソース、レモン汁、燻製出汁の5種類。メニュー表にはそれぞれの串に合うソースの紹介もあるので、参考にしながら楽しんで。

もちろん〆のデザートも串揚げで
もちろん〆のデザートも串揚げで

別腹のデザートも、もちろん串揚げでどうぞ。写真左から「チーズケーキの串揚げ」「安納芋のスイートポテトの串揚げ」「わらび餅の串揚げ」。どれも薄い衣に包まれた一口サイズで、ほっこり癒やされるやさしい甘さが魅力。トッピングに冷たいバニラアイスもお忘れなく。

いかがでしたか? 今回は一店舗の串揚げをご紹介しましたが、郷土色豊かな日本には、まだ見ぬ串揚げがたくさんありそうですよね。この夏はキンキンに冷えたビールを片手に、串揚げの食べ比べといきましょう!

(文/都築麻帆@Playce)

取材協力
串揚げとワイン はち
TEL. 050-3466-6130
神奈川県横浜市中区宮川町1-11

▼関連するアンケートはこちら


【あわせて読みたい】

【人気記事】クリスマスに!コストコのチキン、一羽を味わい尽くすストック&調理法 (12/18)詳細を見る
「コスパ最高!」なカルディの大容量アイテム5選【2018年度】詳細を見る
【人気記事】納豆好きさん集まれ!「納豆食べ放題定食」体験レポート (12/17)詳細を見る
結局一番うまい中華料理メニューランキング詳細を見る