新しいみんなの声の使い方
2018.02.24 07:00

「トラブルを乗り越える力」が口癖に表れている…!? 心理テストで診断

chombosan / fotolia
chombosan / fotolia

何かあったとき、つい言ってしまう口癖はありませんか? 思わず口から漏れてしまう言葉に、その人の本質が出てしまうことがあります。よく言ってしまう口癖から、トラブルを乗り越えるパワー度は何%なのかを診断します。

Q:よく言ってしまう口癖は何ですか?

A:信じられない
B:ま、いっか
C:面倒くさい
D:しかたない

トラブルとは、その人にとって困難なこと、出来ないこと、許せず耐えがたいことです。日常生活でも、ちょっとしたトラブルに頻繁に遭遇しているもの。そんなとき、ぽろっと出てしまう言葉には、トラブルに対するその人のベーシックな向き合い方や決意があらわれているのです。


■A:信じられない……トラブル乗り越えパワー度10%

「信じられない」をよく言ってしまう人は、小さなことでもイラッとする、少々器の小さい人。許せないことが多く、その許せないことがどんどん積み重なると、許そうとするのではなく拒絶してしまうようになってきてしまいます。トラブルを乗り越えるパワーは少なく、心が楽なほうに流れる性格のようです。


■B:ま、いっか……トラブル乗り越えパワー度45%

「ま、いっか」が口癖の人は、簡単なことに対しても困難なことに対しても、雰囲気で流されやすい人。物ごとの本質よりもまわりの環境に左右されやすいので、いい師匠に出会えれば器が大きくなり、トラブルを乗り越えるノウハウやパワーも備わります。しかし、悪友が多く自分も何もしなければ、パワーはいまいちといったところです。


■C:面倒くさい……トラブル乗り越えパワー度75%

「面倒くさい」が口癖の人は、頭の回転が速く仕事も速いため、たいていのことは努力しなくてもサクサクできる人です。トラブルを目の前にしたときには、それに対してどのような対処法があるのか、ぱっと頭に浮かんでしまいます。そして、対処の過程を想像するとうんざりしてしまい、「面倒くさい」と言ってしまうのです。


■D:しかたない……トラブル乗り越えパワー度95%

「しかたない」という言葉は、逃げることを諦め、困難を受け入れて前を向くしかないという意志をあらわします。この言葉が口癖の人は、何ごとにおいても努力を続けられる人。トラブルに遭遇しても、パワフルに乗り越えることができるでしょう。人としての器を大きくし続けられる人です。

口に出すと、そのとおりになることがあります。根性を付けてパワフルな人間になりたければ「しかたない」を言うようにしてみるのもよさそうです。また、頑張り過ぎているなら「ま、いっか」と言ってみるのもいいですね。

(文 / 鈴木浩司)

◎鈴木浩司(すずき・こうじ)
ピリチュアルカウンセラー。顧客は芸能人から著名人、実業家、会社員、主婦など幅広い。相談内容も仕事や恋愛から人生の終末に関する悩みなど多岐にわたり、卓越した霊視能力を授かりながら、「守護霊の通訳士」というスタンスを保ち続けている。生まれながらにハンディーキャップを持ち、波乱万丈な人生を送ってきたため、辛口なアドバイスをすることもあるが、根底にあるのは大きく温かな愛情。老若男女から慕われ頼りにされている。iPhone・Androidアプリ「守護霊の言葉」好評配信中。

▼関連するアンケートはこちら


【あわせて読みたい】

パンストの伝線箇所が暗示する、これからの運気の流れ 詳細を見る
目力で診断! 瞳が導く、今、発揮すべき力 詳細を見る
AB型は冷たいと思われたらへこむ 血液型別、傷つくとき 詳細を見る
O型は恋の主導権を握りたい!? ここだけは譲れない! 血液型別恋のプライド詳細を見る