新しいみんなの声の使い方
2018.05.22 11:00

イライラや無気力の原因は家の中に?気をつけたいNG風水インテリア

hanack / fotolia
hanack / fotolia

自宅の環境は人の心に影響します。インテリアを間違えれば、イライラや無気力の原因になることも。そこで今回は、風水的にNGなインテリアをお伝えします。また、運気アップできる対処法もそれぞれ紹介します。


■お風呂・トイレに濃い暖色のインテリア……正反対の性質を持つためNG

お風呂やトイレは「水の気」を持つ場所。赤や黄色、オレンジなど濃い暖色のインテリアは、「火の気」を持っていて水の気と衝突してしまいます。気が衝突すると、凶の作用を引き起こすのです。また、お風呂やトイレは、穢れた気を流し去る浄化と癒しの場所でもあります。静かな気の流れを必要とするのに、火の気の色のインテリアは少々刺激が強く、心身が休まらないでしょう。

対処法として、同じ水の気である青系や、水を活性化させる「金の気」の色である白や金、銀のインテリアがオススメです。


■ベッド・布団に、家具の角や何か尖ったものが向いている……気が休まらずNG

気は、尖ったものの先端に向かって集まります。良い気も悪い気も区別なく集まり、そこからレーザービームのように気が放出されるのです。棒のような尖ったものだけでなく、家具の角や梁の角にも、同じように気を集めて放出する作用があります。そのため、角がベッドや布団に向いていると、たとえ良い気であろうとも就寝中に気が勢いよく当たることになり、休まることはできません。対処法として、ベッドや布団の位置を変えるか、家具の角の向きを変えれば、解決します。


■家の電気が蛍光灯のみ……リラックスできずNG

蛍光灯はとても明るく、陽の気を運ぶため、明るく生活するためには欠かせません。しかし、家の電気すべてが蛍光灯となると、電気が持つ「金の気」が強くなりすぎることに。常に刺激が与えられているような状態になり、イライラが増す恐れがあります。

これを避けるには、暖かみのある白熱灯を取り入れればOK。明るさが必要なところは蛍光灯、ニュアンスのある灯りが似合う場所には白熱灯、と使い分けましょう。


■元気のない植物が置いてある……気の巡りが悪くなりNG

観葉植物や生花を飾ると、陽の気が増し、元気さや明るさを受け取ることができます。しかし、枯れた植物や元気のない花は陰の気を呼び、室内の気の巡りを悪くしてしまう上、陽の気を吸い取ってしまうのです。

それを防ぐために、枯れてしまっているなら、処分してください。元気がない場合は、日光に当て十分水や栄養を上げて、復活させてあげましょう。元気を取り戻したら、またインテリアとして活躍させてあげてください。


■トイレの壁に飾りっぱなしのインテリアがある……陰の気がたまりNG

トイレに何の飾りもないのは寂しいと、ちょっとしたオブジェや絵などを飾っている家は多いと思いますが、いったん飾ると何年もそのままになりがちです。長い間トイレに置いてあるインテリアは、陰の気を溜めてしまいます。トイレの陰気が強まり、なんだかすっきりしないなどの凶作用が出てくる恐れがあるのです。

陰気のトイレに何かを飾ること自体は、陽の気が入るので吉ですが、飾るなら、1ヶ月をめどに替えましょう。その1ヶ月の間も、ホコリなどつかないようにきれいに掃除してください。

風水的にNGなインテリア、自宅に「ある!」と気づいたら、さっそく替えたり、片づけたりしましょう。いつかやろう、では運気アップが遠のいてしまいますよ!

(文 / 馬場小歌)

◎馬場 小歌(ばば・こうた)
福岡県在住。鑑定歴は20年ほど。幼少の頃より目に見えないものが見え、霊的な世界や占いに興味を持つ。20代後半に自分の霊能力を改めて自覚し、身近な人や知り合いを視るようになるが、柔らかな口調と相手に寄り添うようなアドバイスが親しみを呼び、口コミによりさらに依頼が増えていく。現在は霊視のほか、タロットカードやオラクルカードも同時に使用。鑑定では、その人が選択できる中で最良の道を選ぶための「道しるべ」となるよう、常に心掛けている。

▼関連するアンケートはこちら


noAlt

【あわせて読みたい】

暑くて眠れない…そんな時は冷たい抱き枕や換気扇で不眠解消に!?詳細を見る
すっきり!気持ちいい瞬間ランキング詳細を見る
夏と言えば…「蚊」の季節!早めの対策でできる予防法とは詳細を見る
インスタにアップしたい!国内施設で出会えるちょっと珍しい動物たち詳細を見る