新しいみんなの声の使い方
2018.06.25 11:00

インスタにアップしたい!国内施設で出会えるちょっと珍しい動物たち

写真AC アドベンチャーワールド(和歌山県)のジャイアントパンダ。5頭のパンダを擁する同園はパンダフリークの聖地といえる
写真AC アドベンチャーワールド(和歌山県)のジャイアントパンダ。5頭のパンダを擁する同園はパンダフリークの聖地といえる

たまの休日、せっかくだから思いっきり非日常的な空間を楽しみたい! という人におすすめなのが“動物園”です。世界の密林や、サバンナ、南極などに生きる、普通に暮らしていたら絶対遭遇することのない動物たちにどんどん出会える、考えてみたら贅沢な空間ですよね。

『みんなの声』では「動物園に行ったら見ておきたいと思う動物は次のうちどれ?」というアンケートを行いました。

■動物園に行ったら見ておきたいと思う動物は次のうちどれ?(総投票数:5,932票)

1位【パンダ】2919票(49%)
2位【ライオン】1470票(25%)
3位【ゾウ】988票(17%)
4位【キリン】555票(9%)

1位はやっぱりパンダ。昔から日本人のハートを掴んで離さないジャイアントパンダです。最近では恩賜上野動物園の「シャンシャン」の誕生で何度目かのブームになりました。

ということで今回は、日本にいながら珍しい動物を見られる動物園をご紹介します!


■美しいヒョウ属の猛獣たちに会える「神戸市立王子動物園」

象・猛獣エリアでは、珍しいアムールヒョウなどネコ科ヒョウ属の大型猛獣たちと出会える(公式サイトより)
象・猛獣エリアでは、珍しいアムールヒョウなどネコ科ヒョウ属の大型猛獣たちと出会える(公式サイトより)

まずは関西屈指の人気レジャースポット、神戸市立王子動物園。約130種類の動物が出迎えてくれます。国内でジャイアントパンダに会える三つの動物園の一つです。個人的におすすめなのは象・猛獣エリアで、アムールヒョウやユキヒョウなど、息を呑むほど美しいヒョウ属の猛獣たちに会えますよ!

敷地内には動物科学資料館や遊園地が併設されているほか、重要文化財の異人館「旧ハンター住宅」も見学できるなど、家族サービスからデート、ソロ活まで幅広いニーズに答えてくれるでしょう。

神戸市立王子動物園(兵庫県)
http://www.kobe-ojizoo.jp


■名古屋に来たら見ない手はない「東山動植物園」でラーテルに会おう!

小柄ながら分厚い毛皮を持つラーテルは、蜂の巣や毒蛇などを襲って食べたり、自分よりはるかに大きな猛獣にも立ち向かうという。危険を感じると臭い液体を噴射する(公式サイトより)
小柄ながら分厚い毛皮を持つラーテルは、蜂の巣や毒蛇などを襲って食べたり、自分よりはるかに大きな猛獣にも立ち向かうという。危険を感じると臭い液体を噴射する(公式サイトより)

入場者数で恩賜上野動物園(東京)と双璧を成すのが、愛知県の誇る東山動植物園。広大な敷地内には植物園や遊園地が併設され、すぐお隣には地上134m、標高214mの高さから名古屋市内を見渡せる鉛筆型の展望塔「東山スカイタワー」があります。

動物の数と種類は、国内の動物園で最多級! もちろんゾウやキリンやゴリラ、コアラなどメジャーな動物も揃っていますが、 ギネスブックに“世界一怖いもの知らずの動物”として登録されたラーテルや、近年人気者となりつつあるサーバルキャットなど、ちょっぴりマニアックな動物も充実しています。

東山動植物園(愛知県)
http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/


■インスタ映え確実!日本初の体感型動物園「iZoo【イズー】」へ行こう!

体重30kg以下のお子さまはゾウガメの背中に乗って記念撮影ができるなど、まさに「体感型」の名にふさわしい動物園(公式サイトより)
体重30kg以下のお子さまはゾウガメの背中に乗って記念撮影ができるなど、まさに「体感型」の名にふさわしい動物園(公式サイトより)

最後にご紹介するのは、日本最大の爬虫類・両生類専門動物園であるiZoo【イズー】。「見て!触れて!驚く!」のキャッチコピーの通り、普段なら触ることのできない珍しいトカゲ、カメ、ヘビ、カエルといった爬虫類・両生類とのふれあいが楽しめる、体感型動物園です。

かつて大ブームを巻き起こしたエリマキトカゲや、世界一美しいイグアナと言われるヒロオビフィジーイグアナなど、見た目にも鮮やかでカラフルな動物たちがいっぱいお出迎えしてくれます!ちなみにハダカデバネズミやマナティーなど、ちょっとだけいる哺乳類もレア物ぞろいです。

iZoo(静岡県)
http://izoo.co.jp/

晴れた日はカメラ片手に動物たちに会いにいってみてはいかがでしょうか。以上、国内の珍しい動物に会える動物園3選でした!

(文/上野俊一@Playce)

▼関連するアンケートはこちら


【あわせて読みたい】

【人気アンケート】東京に行って驚いた!“地方出身者”あるある、ほか(9/26)詳細を見る
素敵。まわりから憧れられる女性の特徴詳細を見る
【結果発表!】実は内心イラっとしている他人の休み理由(職場編)、ほか(9/21)詳細を見る
【2018年度 カルディのテスレポ!】思わずリピする、PBアイテム5選詳細を見る