新しいみんなの声の使い方
2018.06.07 11:00

そうだ花を渡そう…と思ったときに困らないための花の選び方

提供:写真AC
提供:写真AC

誕生日プレゼント、プロポーズ、お祝い、お悔やみといったイベントごとで、花を贈るのは昔からの定番です。女性であれば、好きな人に花をプレゼントされるというのは、一度は憧れたことがあるシチュエーションではないでしょうか?

■好きな人に花束をあげたことはある?
(総投票数:4,989票)

1位【NO】3,005票 (60%)
2位【YES】1,984票 (40%)

『みんなの声』が行ったアンケートによると、好きな人へのプレゼントとして、花は4割の人に選ばれたことのある有力アイテムだとわかりました。また、【NO】と答えた方の中にも、「花をプレゼントしたくても、何をどうあげていいのかわからない……」と思っている人もいるかもしれません。

気持ちのこもった花は、贈られる側としてもやはりうれしいもの。花の贈り方を覚えておくと、いろいろな機会で便利です。というわけで、今回は花の贈り方をシーン別に紹介します!


■好きな人に贈る花の定番といえば?

まず“好きな人に花をあげる”という場合。ド定番といえば漫画のように豪華なバラの花束を贈ることですが、ここでは季節の花を贈ることを推しておきたいです。季節の花を贈れば、そのことがイベントとして思い出に残りやすいでしょうし、何といっても粋ですよね。

代表的な月々の花は以下の通りです。

1月:シンビジウム[高貴な美人、華やかな恋]
2月:フリージア[純潔、親愛の情]
3月:チューリップ[思いやり、(赤花の場合)愛の告白]
4月:ガーベラ[希望、崇高美、究極美]
5月:カーネーション[無垢で深い愛]
6月:バラ[愛、美]
7月:ユリ[恋]
8月:ヒマワリ[愛慕、崇拝]
9月:リンドウ[誠実、正義]
10月:ダリア[乙女の純潔、真心]
11月:シクラメン[(白花の場合)清純、(桃色花の場合)憧れ]
12月:カトレア[優美な貴婦人、魅惑的]
(※[ ]内は恋愛に関連した主な花言葉。花の色によって異なることも)

月に1つずつ花を挙げてみましたが、例えばチューリップは4月や5月にも咲く花だったりするので、あくまで目安と考えてください。プレゼントするときは、いくつかの種類を混ぜると色合いもキレイになるので、そのあたりはお花屋さんとご相談を。

ちなみに筆者の知り合いには「末永く生き続けて花を咲かせてくれる」という理由で、サボテンを贈った人もいます。同じような理由でプリザーブドフラワーを選ぶのも1つの手ですね。

好きな人への贈りものでは、プロポーズや告白といったビックイベントであれば豪華な花束でもいいですが、ちょっとした贈りもののつもりなら数輪でも十分に気持ちは伝わります。また、365日それぞれに決められた誕生花というものもあるので、興味のある人は調べてみてください。


■お祝いごと&お悔やみで花を贈る場合

お祝いごとで花を贈る場合は、花を渡す・置くシチュエーションを考えてみましょう。例えば知り合いが個展を開くときの花と、コンサートでステージにいる音楽家に渡す花であれば、考え方がまったく変わります。

前者は置きやすい花器がついたものが適していて、展示の内容によってはあまり派手なものだと浮いてしまうかもしれません。対して後者は、コンサート会場の人にも見やすいビビッドな色の大きな花束がオススメです。お祝いごとはお祝いされる人が主人公ですから、贈った後の状況を考えた花選びが必要ですね。

お葬式で花を贈る場合もあると思います。一般的な仏式の場合、白い菊やユリが供花の定番ですから、花の種類に迷うことはないでしょう。花を用意する前には、マナーとして喪主に花を贈ってもいいか確認をしておきます。故人の意思や葬儀場の都合などで断られる場合もありますから、注意が必要です。

なお、キリスト教式の場合、カーネーションなどの洋花が選ばれ、菊はあまり使われないようです。また、仏式では葬儀場に供花を直接送りますが、キリスト教式の場合は喪主の自宅に送ることが多いです。お花屋さんに送り先を聞かれたときに、すぐ葬儀場を考えるのではなく、これも確認をとっておきましょう。喪主はいろいろな人とのやりとりで大忙しですから、なるべく迷惑をかけないように、贈り手が気遣いをしたいものですね。

贈りものは相手を思って贈るものです。どうやったら相手が喜ぶのか思い浮かべて、ぜひ自分でも花選びを楽しんでください。

(文 / 江古田透@H14)

▼関連するアンケートはこちら


【あわせて読みたい】

ピンク嫌いは恋愛が苦手!? キライな色で占う、あなたが苦手なこと詳細を見る
恋人と別れるベストな方法は〇〇だ! 男女のリアルな別れ方をリサーチ詳細を見る
“お酒の酔い方”でわかる恋愛アクション!酔っぱらってグチを言う人は…詳細を見る
“名前の一文字目”でわかる恋のパターン…「か」で始まる人は一目ぼれしやすい!?詳細を見る