新しいみんなの声の使い方
2018.10.11 21:45

食事デートでキュン!彼を“一撃”で射止めるテク5選

デートといえばお食事が基本!

でも、彼を射止めるチャンスがたくさんある分、逆にそのお作法によって、せっかくのチャンスを逃してしまうことも……。

一緒に食事をする機会があるなら、彼をキュンとさせる言動をしっかりマスターしておいて!

これらを抑えておけば、必ず次のデートで使えるはずです。

食事デート

彼の後ろからお店に入る

入店時から、すでに戦いは始まっています!

なにも考えずに、ズカズカ歩いて行って、彼より先にお店に入らないよう注意しておきましょう。

「なんで?」と思った方は、その姿を想像してみて。

なんだかちょっとリードしている感があるか、男友達のような雰囲気になってしまいそうだと思いませんか?

彼の後ろにちょこっとついていって、彼の後ろからお店に入るほうが、リードしている感を与えることができます。

ドアを開けてもらってから入るのもOK。まずは女性らしさを意識してみましょう。

1.彼にすすめられてから座る

お店に入ったら、たいてい「こちらへどうぞ」と店員さんに案内されます。

テーブル、カウンター、座敷の時も、自分からささっと動いてドカッと座らないよう要注意。

ここでも、彼にリードする機会を作ってあげるのです。

さりげなく奥の席を彼にすすめれば「いや○○ちゃんこそ奥に」となるはず。

もしならなければ、そのまま座ってもいいんです。

「やったー!○○食べたかったの」「わぁ~い○○楽しみ」と、楽しい&楽しみな気持ちを表現するのもおすすめです。

2.彼と同じペースで食べる・飲む

いざ食事が始まれば、食べる・飲むペースも大切。

なるべく、彼と同じペースでいただくのが、食事を一緒に楽しむ上でのマナーになります。

間違っても、バババっとたいらげてしまって、彼が食べるのを無言で待つような展開は避けてください。

とはいえ、もしあなたがゆっくりしか食べられないのであれば、無理をして早く食べなくても大丈夫。

「話に夢中になっちゃって!」と、つけ加えるだけでいいかもしれません。

3.前のめり気味で話を聞く

「ふ~ん」「そうなんだ~」というあいづちで、彼の話を聞かないよう要注意。

会話は、楽しく食事をするうえでの大切な要素。

一緒に食事をして楽しかったかどうかは、どれだけ楽しく会話ができたかにかかっている……。

そう言っても、過言ではありません。

「それでそれで!?」「すごいそれー!○○だったんじゃない!?」と、積極的に聞く姿勢で!

前のめり気味に聞けば、彼にかなりの好印象を与えられるはずです。

4.食べたお皿はさげやすく

一皿食べ終わったら、店員さんが下げやすいように整えておきましょう。

スプーンやフォークは、ちゃんと食べ終えたサインの場所に並べ、重ねていい雰囲気のお店なら、お皿を端に寄せ重ねておきましょう。

こうすることで、気遣いのできる子だとわかってもらえますし、食べ終わりもキレイに見えますよ。

5.お会計時には財布から千円札を

美味しく食べ終わったら、最後のお会計もポイント。間違っても「出してもらって当然」と思わないようにしましょう。

一緒にお会計に進むなら、必ず、お財布から千円札をスッと出すようにしておきましょう。

そのうえで、彼がおごってくれるなら、しっかりお礼を言い、喜んでおごってもらってください。

「○○円でいいよ」というアバウトな割り勘でも同様に。ありがとうをオーバーに伝えれば、彼もきっと喜んでくれるはずです。

おわりに

これら5つをしっかり守れば、必ずいい印象を与えることができます。

相手を不快にさせず、一緒に食事をして楽しく、幸せな気持ちになれる女子を意識。

彼をキュンとさせられる「上品デート」にしていきましょう。

(山田あいこ/ライター)

(愛カツ編集部)

山田あいこ
あわせて読みたい
付き合った男をダメにする女性にありがちな3つの特徴詳細を見る
こんなこと言われたらデートに誘いたくなる!女子からのうれしいLINE詳細を見る
281人に聞いた! 男性が「本当に喜ぶスキンシップ」詳細を見る
恋人がプロポーズしてくれない!結婚を意識させるには?詳細を見る