新しいみんなの声の使い方
2017.09.27 12:00

寅年生まれは嫉妬深すぎ…!? 干支別“パートナーが離れていく原因”


takasu / fotolia

結婚生活が長くなってきた夫婦や、ある程度付き合いが長くなった恋人同士では、最初の頃の燃え上がるような愛情表現がどうしても少なくなってきます。それどころか、短所も遠慮なく出てくるようになり、愛情が薄くなる原因になることも。ここでは、占いの観点から生まれ年の干支を見て、あなたに対する恋人や夫の愛が薄くなりやすい原因を紹介します。

■子……タイミングが自分勝手

日常的にとんちんかんなことをしてしまい、愛を遠ざけがちです。相手が疲れているのに「手伝って!」と言ってしまったり、甘いムードになっている時なのに「トイレ行って来る!」など……。全て自分のタイミングで動き、自分の欲求が先に立ってしまうことが原因です。相手を観察してから動きましょう。

■丑……対応が雑

ちゃっちゃとも物ごとを進めたがるあなた。相手がきちんとした手順を踏みたがっていることに、気づかないでいることが多そうです。特に日常的な会話を省略しがち。必要最低限な用件を単語で言ったりして、相手が日々がっかりしていそう。もう少し丁寧な対応を心がけましょう。

■寅……不満や嫉妬を表現しすぎ

気分のムラから、相手を追いつめてしまうことが多そうです。ちょっとしたきっかけであなたが不満や不信感を抱いてしまい、都度文句を言いがちなのです。しつこく追求を繰り返すと、彼も音を上げて逃げ腰になってしまいます。もう少し寛容さを心がけないと、取り返しのつかないことになるかも……。

■卯……細かいことにうるさい

あなたの要求が高すぎることが、彼の心を遠ざけてしまいそう。休みの日に家の中で着る服までうるさく口出ししても、相手はうんざりするだけです。好きな相手には何もかも完璧であることを求めてしまいがちですが、それはムリというもの。見て見ぬふりを覚えましょう。

■辰……ダメな部分を責めてしまう

いわゆるダメ男を好きになりがちなタイプで、わかっていて好きになったのに、ダメ部分を責めてしまいます。彼もわかってはいるのだからそんなに責めるなよ……と追いつめられ、愛情も薄くなっていきます。彼を責めても直らないので、友人に愚痴るなどして発散するしかなさそうです。

■巳……尽くしすぎ&べったり

しつこいくらいの尽くしっぷりに、最初は喜んでいた彼も腰が引き気味に。彼からしてみると、毎日毎日世話を焼かれて、重くて肩が凝るというのが正直なところです。また、あなたの愛の監視により、1人の時間を持てないのにもうんざり。たまには解放してあげて。

■午……隣の芝がいつでも青い

本当に彼でいいのかしら、他にもっといい人がいるのではないかしらと、常に迷いが生じています。隣の芝が青くて仕方がなく、ついつい彼と誰か(隣の旦那さんとか)を比べては、口に出てしまい、彼はそのたびにがっかり。なぜ彼を選んだのか、思い出してみて。

■未……自分のやりたいことを優先

自分の楽しみばかりに心を奪われてしまって、彼との予定はさりげなく後回しにしてしまいます。一緒に行動することも減っていき、彼はあなたの心がどこにあるのかわからなくなり、愛情そのものにも不安を感じるように。面倒でも彼への細かい気配りを怠らないこと。

■申……あきらめが早すぎて関係が希薄に

あなたのあきらめが早いのが、ふたりの愛を薄くする原因です。彼がちょっと気のない返事をしたりしただけで、「機嫌悪いな」と、さっと引いてしまいがち。でも、それは誤解や早とちりかもしれません。ひとりで勝手に思い込んであきらめずに、食い下がってみましょう。

リラックスした関係性はとても大事ですが、緊張感がなくなりすぎると短所が出てきやすいもの。自分では気づかない場合が多いので、日ごろの行動を振り返ってみてください。

(文 / 紅伊珊瑚)

◎紅伊珊瑚(あかい・さんご)
東洋占術研究家。 学生の頃に触れた四柱推命をきっかけに、占いの神秘に魅せられ研鑽を積む。現在は陰陽五行に基づき、日常生活の中で実践できるノウハウを女性誌やWeb記事を中心に提唱。四柱推命、周易、九星気学、手相、人相など、使用占術は多岐にわたる。

この記事に関するアンケートはこちら


noAlt

【あわせて読みたい】

付き合った男をダメにする女性にありがちな3つの特徴詳細を見る
こんなこと言われたらデートに誘いたくなる!女子からのうれしいLINE詳細を見る
281人に聞いた! 男性が「本当に喜ぶスキンシップ」詳細を見る
恋人がプロポーズしてくれない!結婚を意識させるには?詳細を見る