新しいみんなの声の使い方
2017.05.14 17:10

健康運UPなら○色!カーテンの「色」で運気をアップさせる方法

polkadot / fotolia

風水では、色には運気を左右する力があると考えます。部屋の中で面積をとっているカーテンの色は、その部屋の運気を作り出す大きな要因となるのです。何色のカーテンがどのような運気をアップするのか、風水の観点から紹介します。

■白

白いカーテンは、浄化を促してくれます。ストレスになることが続いたときは、純白のカーテンの部屋で眠ると、スッキリします。ただし、純白は浄化効果が強すぎるので、1日のストレスを浄化する程度を求めるならば、オフホワイトにしましょう。また、風水では白は金色に通じるので、金運を高める効果もあります。

■黒

黒いカーテンは、秘密運と守護運を象徴します。黒いカーテンに守られていれば安心して秘密を守れますし、自分も守れるのです。また、秘密を守るということは、誠実やマジメさにつながります。気持ちを引き締めたいときに黒いカーテンにしてみましょう。ほかの運気を手堅く応援する色なので、色の組み合わせをしてみるのもオススメです。

■黄

黄色いカーテンは、金運をアップしてくれます。貯金というよりは、お金を使う方の運気が活性化する金運となります。全面黄色のカーテンは、短期的に金運を上げたいときに効果がありますが、よくも悪くも、いつもお金の問題に囲まれるので、長期使用は控えたほうがいいでしょう。貯金運アップには黒と組み合わせて。

■オレンジ系

オレンジは太陽の色。明るくて陽気なこの色のカーテンは、人気運を高めてくれます。いい縁を呼び込みますし、人間関係運も上がります。パートナーがいる場合は、2人の人間関係もよくなり、家庭運も上がります。元気な精神は健全な肉体につながるので、健康運もアップします。

■緑

緑色のカーテンは、健康運をアップしてくれます。気の巡りをよくし、気持ちを穏やかにしてくれるのです。植物モチーフの生地だと、効果は倍増します。また、成長・発展を意味する色でもあるので、仕事運にも効きます。健康運を上げたいときは薄めの緑色、仕事運のときは濃い目の緑色が効果的となります。

■青

青いカーテンは、勉強・研究運を上げてくれます。冷静に効率的に頭脳を働かせる色なので、仕事運や名誉運も上がります。仕事でストレスフルな日々が続くようでしたら、青いカーテンにすると不思議と落ち着いてくるでしょう。青い食べ物には食欲がわかないことからもわかる通り、ダイエット運も上げてくれます。

■紫

情熱と勝負の赤と、冷静の青が混ざった紫のカーテンは、しっとりとした愛情をあらわします。愛情運を高めるこの色は、マンネリ気味な2人や、結婚年数の長い夫婦の寝室にオススメのカラーです。淡い紫は恋愛中の楽しい感じの愛情運で、濃い紫はやや念が強くこもった愛情を強める効果があります。

■ピンク

ピンクのカーテンは、恋愛運の中でも出会い運を上げてくれます。まわりの誰にでもわかるように優しさが強調されるので、好感度がアップ。今まであなたのことを注目していなかった人にも、さりげなく存在がアピールされ、声をかけられるチャンスが増えるのです。ピンクが濃いほど、情熱的なアプローチが期待されます。

■赤

赤いカーテンは、勝負運を高めてくれます。ここぞというときに実力を発揮できるように、後押しをしてくれます。しかし、全面真っ赤のカーテンは効果が強すぎるので、力が燃え尽きてもいいと思えるときにしましょう。日常を戦い抜きたい場合は、赤色を差し色、ワンポイントに使われているぐらいがちょうどいいでしょう。

■茶色

茶色のカーテンは、安定運を与えてくれます。茶色は土の色、大地の色です。母なる大地とつながっているかのような気持ちにさせてくれる茶色は、身体と気持ちのバランスを整え、恒常的なヒーリングエネルギーを部屋中に満たしてくれます。薄い茶色=ベージュは、家庭運の安定に効果的で、新婚さんにオススメの色です。

1色のみのカーテンにすれば、その色が持つ運気をピンポイントで上げるのに効果的ですし、気になる運気の色を組み合わせて、さまざまな運を上げることもできます。ぜひ、カーテン選びの参考にしてみてください。


(文 / 芦田イングリット)

■芦田イングリット(あしだ・いんぐりっと)
占星術や魔術の魅力に惹かれて研究を重ねる。西洋の占術研究を中心に活動していたが、身近な人を占い始め、口コミで広がり話題に。豊富な知識に裏付けられた確かな鑑定力で、個人鑑定はもとよりメディアなど各方面からの依頼も急増している。 また無類の猫好きで、猫の神秘的な魅力に注目し、カバラ数秘術の性格分類法と猫たちの性格等を組み合わせたオリジナルの猫占いを提唱。Twitterでも情報を更新している。著書『愛しの猫占い。』(ワニブックス)好評発売中。

この記事に関するアンケートはこちら


【あわせて読みたい】

ジャンプ史上一番白熱したスポーツ漫画ランキング詳細を見る
高橋一生、忘れてしまうことは?「夜遅くまで起きて…」詳細を見る
小島瑠璃子、インスタ開設 初投稿写真にも注目集まる詳細を見る
山本美月、初写真集ですっぴん初公開<コメント到着>詳細を見る