新しいみんなの声の使い方
2018.03.11 17:00

タイトルがぶっ飛びすぎなビジネス書ランキング 1位「ゲロが止まらない」

タイトルがぶっ飛びすぎなビジネス書ランキング 1位「ゲロが止まらない」

自己啓発や経営、マーケティングやビジネスマインドなど幅広いジャンルについて取り扱っている「ビジネス書」。仕事の合間や休日にちょこちょこ読んでいる人も多いのではないでしょうか?
体験談などを言語化したものが多く、向き不向きはありますが、実用的な書籍としてかなりの数がリリースされており、筆者らは読者の目を引くためにずいぶんと凝ったタイトルを付けているそうな。

そこで今回は「タイトルがぶっ飛びすぎだと思うビジネス書」をアンケート、ランキングにしてみました。
とんでもないタイトルのビジネス書とは、一体どんなタイトルの本だったのでしょうか?

1位 ゲロが止まらない ~ギブギブギブ経済時代の「情報資産家」としての生き方~
2位 営業マンはパンツを脱げ! お客が思わず買ってしまうセールスの極意
3位 パンツを脱ぐ勇気 世界一“熱い”ハーバードMBA留学記
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「ゲロが止まらない ~ギブギブギブ経済時代の『情報資産家』としての生き方~」!

タイトルだけ見ると、とりあえず医者に連れて行きたくなる、「ゲロが止まらない ~ギブギブギブ経済時代の『情報資産家』としての生き方~」が堂々の1位に輝きました。
「情報資産」という言葉に着目されたこちらのビジネス書。どうも価値ある情報をたくさん持つ人になろう! 的な本のようです。冒頭でなぜ吐いてるかは分かりませんが…。
説明に「ギブギブギブ経済」とあったので「吐きそうなほどヤバイ経済」かと想像してしまったら、どうも「ギブ&テイク経済」が「ギブギブギブ経済」になっている事に気付いていないという意味だったようです…なぜ吐いてるかは分かりませんが。

2位は「営業マンはパンツを脱げ! お客が思わず買ってしまうセールスの極意」!

絶対捕まる、「営業マンはパンツを脱げ! お客が思わず買ってしまうセールスの極意」が2位を獲得しました。
単純にタイトルだけ読むと、「お客にセールストークする時にパンツを脱げ」的なニュアンスなのですが、実際はお客のふところに深く入り込むことのできる効果抜群の営業ガイドなのだそう。どんな営業テクニックが展開されているのか非常に気になります。

3位は「パンツを脱ぐ勇気 世界一“熱い”ハーバードMBA留学記」!

そこに勇気はいらない、「パンツを脱ぐ勇気 世界一“熱い”ハーバードMBA留学記」が3位にランク・インしました。
どうやら著者がハーバード大学のMBA(経営学修士)取得を目指す期間に起こった感動実話のようですが、タイトルだけを見ると“パンツ”は勇気を出して脱がなくても良いので履いておきましょう。と思わずツッコミたくなりますね。

いかがでしたか?
とりあえずビジネス書は、読者のパンツを意地でも脱がせてくる事が分かったかと思います(困惑)。

今回は「タイトルがぶっ飛びすぎなビジネス書ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~47位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2018年2月08日~2018年2月08日


noAlt


関連記事をもっと読む






▼コラム提供サイトはこちら

gooランキングは、ウェブリサーチによるアンケートやアクセス数、プロフェッショナルによるランク付けを元に世の中のあらゆるものをランキングで紹介している、総合ランキングサイトです。

【人気記事】知らないと恥をかく!? エレベーターの上座・下座(9/26)詳細を見る
上司に使ってもOK? 「お手すきの際に」の正しい使い方詳細を見る
もう悩まない。ダメ上司とのうまい付き合い方詳細を見る
30歳をすぎると難しい? 転職で後悔しない方法詳細を見る